この工法は、家づくりといえば一般的に思い浮かべられる日本古来からの伝統的な住宅建築工法で、別名「軸組工法」とも呼ばれます。この工法は、土台の上に柱を建て、小屋組みや屋根の軸材で建物を構成する構造方法で、上からの重量や地震など横からの揺れを支えます。

在来工法は、日本の気候風土に適し、通気・保湿などの居住性に優れているので、「木」という自然の恵みを匠に取り入れ、人に優しく木のぬくもりを感じながら生活できる住居の良さを最大限に活かした工法です。

我が社は、創設以来この「木造在来工法」による施工を行い、あらゆる角度から高品質を求め努力して参りました。
お客様に満足していただけるよう、現在も日々努力しております。

まもりすまい保険届出事業者として、一戸建て住宅の品質性能を長短期保証いたします。

木造骨組みの仕口(接合部)を工場で機械加工して、現場敷地で組み上げる工法。
機械が自動的に部材を加工し補強金物で留め付けますので、加工精度と速度が期待できるます。今ではほとんどの在来工法はこれを利用する傾向にあり、これまでのような大工さんの下小屋での刻み(手作業によるかんな掛けや仕口づくり)に比べて、かなりの時間短縮とローコストとなります。

伝統の木組にこだわり本物の職人が昔ながらの手作り工法で創り上げます。
現代の工法よりは時間がかかりますが、丁寧かつ正確な匠の職人技により創り上げた住宅は、住む人のニーズにあったオンリーワンの住宅になります。

木のやすらぎと鉄骨の強さを併せ持つ木骨ラーメン構造。
コンピューター制御による高精度プレカットによって作られる、天然木材の長所をそのままに、欠点を克服したエンジニアリングウッド(JAS構造用集成材)を木骨として採用しています。SE金物はエンジニアリングウッドの特長を引き出すと共に、他の金物では実現できない強度を確保し、同時に柱梁の断面欠損が起きにくく、構造的にも高い安全性を誇ります。

1階・2階ネダレス工法、厚みが28mmのJAS規格に適合する構造用合板(F☆☆☆☆)を使用しています。地震に対する性能(水平構面)が、ネダ打ち工法よりも3倍の強度が得られています。

屋根野地には、厚みが12mmのJAS規格に適合する構造用合板(F☆☆☆☆)を使用しています。厚さが12mmの構造用合板を使用することで、当社標準仕様のモニエル瓦の重量に充分に耐えうる下地材です。

土台を通気よくし、常に乾燥した状態に保つために、基礎パッキング工法を使用しています。

住宅の主要構造部分には構造用集成材を使用しています、構造用集成材とは木よりも強い木、科学された木という意味で、エンジニアリングウッドとも呼ばれています。天然木の欠点である腐れ、割れ、大きなフシなどを工場で取り除き、良質な部分のみ使用して接着剤で貼り合わせます。一般的な木材の1.2倍の強度をを持っています。含水率は15%程度であるため、建築後に起きる乾燥に伴う収縮がほとんどありません、その結果、壁面のひび割れや床の歪を防ぐことができます。

大興木材工業では厳選された良質な木材を販売しています。
全国への発送も承っておりますのでお気軽にお問い合せください。